エコツアー


隠岐島前エコツアー・ジオツアー



エコツアーガイドと共に島を歩き、ガイドブックでは知ることのできない、隠岐の自然・歴史・文化を体感できます。 

  ※体験は全て予約が必要となります。【予約・お問い合わせ
※1~2名様は料金が異なる場合がありますのでご注意ください 。 
※定員を越える場合でも対応できることがありますので一度ご相談ください。
服装・持ち物について
保険・キャンセルについて 
フォトギャラリー

 

西ノ島(西ノ島町)

  matengaii.JPG
摩天崖
 tuutennkyou.jpg
国賀海岸の通天橋
 
コース名 1.西ノ島エコツアー
所要時間 約7時間 (スポット間は車移動です)(昼食時間を含みます)
実施期間 3月~7月、9月~11月
定員 7名 (こえる場合はご相談ください)
体験料

1日 18,000円 (3名様までの基本料金。1名増毎に6,000円追加

+移動のタクシー代が必要となります。(料金は税別です)

集合場所 西ノ島 別府港など。海士町で集合も可能。 ※応相談
コース内容

摩天崖、国賀海岸、焼火山(焼火神社)、時間により由良比女神社、赤尾展望所など
西ノ島の観光情報

持ち物
服装

・帽子、タオル、飲み物等は各自でご準備ください。
・長袖長ズボンをご用意ください。(焼火山で必要)
・歩きやすい靴でご参加ください。(ハイヒール、革靴、サンダル等でのご参加は困難です)
・雨天時はカッパをご準備ください。レンタルについて

海面から257mの垂直にそそり立つ摩天崖の上に立つと、そこはまるで天空に浮かぶ大草原。放牧の牛や馬がのんびり草を食んでいるそばを歩きます。粗面玄武岩の大規模な海食景観が続く国賀海岸のウォーキングでは、日本海の荒波が造り出したダイナミックな自然の造形美に圧倒されます。島前カルデラの中央火口となる島前最高峰(標高452m)の焼火山は、葛飾北斎や安藤広重の浮世絵にも描かれる歴史的な場所です。中腹にある焼火神社は半分が洞窟の中に隠れた造りの社で山岳密教の修験道の場としての神秘と迫力が感じられます。また、珍しい植物群と暖地性常緑広葉樹林は「焼火神社神域植物群」として県の天然記念物に指定されています。 全体を通して、隠岐の独特な生態系に垣間見る動植物の観察はもちろん、文化、歴史、大地の成り立ち、地質などを体感することができます。昼食はご希望により、地元のおすすめ店にご案内いたします(食事料金は体験料に含まれておりません)。ツアーの途中でガイドが地元の野草茶「ふくぎ茶」とおやつをご用意します。ご当地菓子や地域の素材を使ったおやつは好評です。
変更・中止

大雨などの悪天候の場合は、コース変更または中止とさせていただく場合があります。

   知夫里島(知夫村)

  知夫里島のサムネール画像
 赤ハゲ山から西ノ島を望む景色
 tiburijizou.jpg
コース名 2.知夫里島エコツアー
所要時間 約7時間 (一部車移動する箇所があります)(昼食時間を含みます)

実施期間

3月~7月、9月~11月
定員 7名(こえる場合はご相談ください)
体験料

1日 18,000円 (3名様までの基本料金。1名増毎に6,000円追加)

+移動のタクシー代が必要となります。(料金は税別です)

集合場所 知夫村 来居港
コース内容

知夫里島一周(来居港―赤ハゲ山―赤壁―(車移動)―来居港)
知夫村の観光情報

持ち物
服装

・帽子、タオル、飲み物等は各自でご準備ください。
・歩きやすい靴でご参加ください。(ハイヒールや革靴、サンダル等でのご参加は困難です)
・雨天時はカッパをご準備ください。レンタルについて

  知夫里島は人口約600人の村です。動植物や景勝地だけでなく、島民の生活文化などにもふれながら、のんびりと歩いて島を一周します。隠岐の代表的な伝統文化である牧畑の跡地を歩き、目指す地点の一つである知夫里島の最高峰赤禿山(標高325m)の山頂からは360度の大パノラマを眺めることができ、隠岐の島々だけでなく、遠くに島根半島、大山が望めます。牛がのんびりと暮らす放牧地であり、春にはハマダイコンの淡いピンクが山肌を染めます。もう一つの目的地である赤壁は、赤や黄色がかったこげ茶色の凝灰岩に安山岩の白や灰色の岩脈が入り混じり、鮮やかな火山の断面がむき出しとなった海食崖です。これを正面の崖から眺める景観は迫力満点です。

全体を通して隠岐の特徴的な動植物の観察はもちろん、文化、歴史、大地の成り立ち、地質などを体感することができます。

昼食は希望により隠岐名物を味わえるお弁当をご用意します(体験料には含まれておりません)。途中休憩では、ガイドが持参する地元の野草茶とおやつを楽しんでいただきます。ご当地菓子や地域の素材を使ったおやつは好評です。
 変更・中止 大雨などの悪天候の場合は、コース変更または中止とさせていただく場合があります。

 中ノ島(海士町)

コース名 3.海士町ジオツアー
所要時間 約3~4時間 (スポット間は車移動です)
実施期間 通年
定員 7名
体験料 半日 10,500円(税別)(3名様までの基本料金。1名増毎に3,500円追加)
集合場所

海士町 菱浦港  ※応相談

コース内容 菱浦港、隠岐神社、明屋海岸、金光寺山
隠岐ジオパークの『中ノ島モデルコース』をエコツアーガイドがご案内いたします。

 

  2013.9.12 226.JPG yamamichi.JPG
コース名 4.海士町ジオパークガイドウォーク
所要時間

約3~4時間 (全行程、歩きます)

定員 14名
体験料 半日 10,500円(税別)(3名様までの基本料金。1名増毎に3,500円追加)
7名を越える人数分は半額になります。
※海士町まち歩きエコツアーと組み合わせて同日に体験される場合は午後の実施となります。
(同日セットでお申し込みの場合、1日ツアーと同料金の18,000円(税別)が基本料金です)
集合場所

海士町 隠岐自然村  ※最寄バス停「金光寺山入口」送迎あり(8:30、13:20)

解散場所 海士町 明屋海岸または「明屋」バス停(菱浦行きバス時刻12:01、17:16)
 海士町のジオサイト登録地である2か所、金光寺山から明屋海岸へと歩きます。金光寺山では、水平線と里を見おろす四季折々の景観を楽しみながら、島の成り立ちや、隠岐独自の植生、文化、歴史について学びます。桜と紅葉の名所でもあります。山を下って隠岐牛生産の牧場に隣接した道をハイキングし、隠岐を代表する伝統文化である牧畑の跡地を眺めます。この道は大陸とつながっていた時代の生き残りである海士町天然記念物タケシマシシウドが自生する道(国内唯一の自生地)でもあります。終着地点の明屋海岸は火山噴火の跡が分かる巨大な赤い絶壁と青い海のコントラストが美しい景観です。火山噴火の歴史や、特徴的な海岸植物を見て隠岐の環境を知り、隠岐ジオパークの魅力をじっくり堪能するツアーです。

 

コース名 5.海士町まち歩きエコツアー
所要時間 約3~4時間 (全行程、歩きます)
定員 7名
体験料

半日 10,500円(税別)(3名様までの基本料金。1名増毎に3,500円追加)
※海士町ジオパークガイドウォークと組み合わせて同日に体験される場合は午前の実施となります。
(同日セットでお申し込みの場合、1日ツアーと同料金の18,000円(税別)が基本料金です)

集合場所 海士町 菱浦港 または 後鳥羽院資料館前(隠岐神社前MAP
解散場所 金光寺山 ※最寄のバス停「金光寺入口」(菱浦行きバス時刻12:03、15:01、17:18)
   隠岐の自然・歴史・文化に詳しいエコツアーガイドと一緒に隠岐神社里山集落を通って、金光寺山(146m)の登山道を歩くフットパスです。水平線と里が見渡せる風光明媚な山頂が終点です。参加者の興味に合わせて多彩な切り口で解説いたします。後鳥羽上皇の歴史や、地域おこしで有名な海士町の取り組みなどもお話いたします。道で出会う島の人々との会話や、商店での買い物なども、住民ガイドと一緒なので気軽に楽しめます。

 

↓↓研修におすすめ↓↓

 

コース名 6. 隠岐で学ぶ 自然環境学習エコツアー
所要時間 約3~4時間 (一部車移動です)
定員 7名 (こえる場合はご相談ください)
体験料

お1人様 2,160円(1~2名様でご参加の場合は計6,480円)

※学生さんなど、より多くの方に学んでいただくための低料金設定となっております。

集合解散

海士町 菱浦港 または 隠岐自然村アクセス

※最寄バス停「金光寺山入口」送迎あり(8:30、13:20)

持続可能な未来づくりを考える方に。
知ってほしい環境問題の現状と本質は、机上では伝えることはできません。
自然の中に入って、見て、聞いて、感じながら学ぶためのツアー。

 離島は日本の縮図です。面積が小さいがゆえに、ほんの少し手を加えるだけで生態系が変わり簡単に種が絶滅する。日本や世界が抱える環境問題の現状や本質を、目の前の自然環境を見ながら分かりやすく学べます。火山の噴火から生まれた大地、隠岐には地球の歴史を語る貴重な地質植物も多く見られます。周囲を囲むから人は、大昔から多大な恩恵を受けてきました。それら自然からのメッセージを受け取り、地球の未来を考えてみませんか。知らず知らずのうちに環境破壊の当時者とならないために。季節・フィールドに合わせた手作り教材と参加者自身の五感を使った学習で、楽しく分かりやすく学べます。

 

okishizenmura*