食体験


隠岐そば手打ち体験



隠岐島の食文化を体験

2009.7.25 007.jpg 隠岐蕎麦 そば打ち(こねる)

 隠岐十割蕎麦手打ち道場

(平成29年度の夏休みの申し込みは終了致しました)

 
 隠岐蕎麦とは?

 昔からの隠岐島の食文化として、農家を中心に自家栽培した蕎麦を家庭で手打ち蕎麦として親しんできました。その特徴は、つなぎを一切使用せずに蕎麦粉100%と水だけで打つ「十割蕎麦」です。

また、出汁も他の地域と異なる素材が使用されております。隠岐で獲れる飛魚(地元では「あご」 と呼ばれる)で、出汁をとります。 その味はとても濃厚で一度飲んだら忘れられないものとなるでしょう。

体験料について  

5名まで9800
6名からお一人2000

(1鉢で4人前打ちます)
 
★ご自分で打たれた蕎麦をその場でお召し上がりの場合
体験料 + お一人500 (茹で
調理、特製鯖だし、トッピング)

★お持ち帰りの場合、1人前200円で特製だしをお付けいたします。

★一つ2
00隠岐名物バクダンおにぎり(岩ノリ使用)を

お付けすることができます(要予約)


所要時間について  

※完成には、約1時間半必要です。
※お召し上がりいただくまでには、約2時間必要です。

体験対象年齢について

子どもから大人まで体験できます。
小学校中学年から受け付けております。

※御予約10日前までにお願いします。

定員

最大4鉢。(定員12名)

場所 

海士町 都市農村交流センター(隠岐自然村施設)

そば打ち見本見せ
まずは打ち方の見本を見ます
そば打ち(複数こね)
一鉢を4人まで一緒に打てます
そば打ち(のばす)
小学校中学年から体験できます
そば打ち師匠
そば打ち指導 深谷 治

 

※体験には、予約が必要となります。

TEL 08514-2-1313

(平成29年度の夏休みの申し込みは終了致しました)

 

 

   Email sizenmura@navy.plala.or.jp